Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、スマホのBYOD向けにクラウドサービス

NTT東日本は、同社インターネット接続サービスの利用者向けに、スマートフォンのBYOD向けクラウドサービスを12月16日より提供開始する。

「αUC」は、従業員が持ち込んだ個人所有のスマートフォンを業務通話やコミュニケーション機能などへ活用するためのクラウドサービス。

電話帳や発着信の管理をクラウド上で行う専用アプリを用意。同社ビジネスフォンと連携して発信できるIP電話機能や、チャット機能などを提供する。

月額利用料は、1IDあたり378円。サービスの利用にあたっては「フレッツ光ネクスト」などの契約が別途必要。

(Security NEXT - 2015/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ
カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品
中規模企業の58%がセキュリティ人材の不足を懸念 - デル調査
小規模企業の約半数でBYOD - セキュリティ対策の甘さ目立つ
NTT西、BYOD向けにアドレス帳をクラウド上で提供
BYODへの切替で従業員に15万円支給する実験
2014年のクライアント仮想化率は25.7%、ソリューション市場は9.5%増の4213億円に
Check Point、iOSとAndroid向けソリューション持つLacoonを買収