Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナソニック、IoTやM2M向けの暗号認証モジュールを開発

パナソニックは、IoTやM2Mデバイス向けの暗号、認証モジュールを開発した。なりすましやサイバー攻撃を防ぐセキュリティ対策サービスを順次展開していく。

あらゆる機器がインターネットに接続されるIoTや、機器間で通信を行うM2Mの保護を目的に、独自の暗号実装技術を組み込んだ暗号、認証モジュールを開発したもの。同社は、CPUパワーやメモリなどのリソースに限りがあるデバイスにおいても、パソコン並のセキュリティを実現できるとしている。

同社ではあわせてIoTやM2M向けにセキュリティ対策基盤を構築し、10月より順次提供する。シマンテックなどセキュリティベンダーとの協業により、IoT向けのデバイス証明書の発行や、サイバー攻撃の検知および分析、ログ収集など行うリモートメンテナンスなどのメニューを用意していく予定。

(Security NEXT - 2015/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起