Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCジャパン、SOC向けソリューションの機能を強化

EMCジャパンは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)向けに提供する「RSA Advanced SOCソリューション」の機能を強化した。

同ソリューションは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)の運用を支援する製品パッケージ。ネットワーク、アプリケーション、エンドポイントなどから集約したデータを分析し、脅威の予兆を検知する。

今回、構成製品の一部機能を強化。ログやパケットからの脅威分析を行う「RSA Security Analytics 10.5」が「Amazon AWS CloudTrai」へ対応し、ログの取得が可能となった。今後は、他クラウドへも対応していくという。

また「RSA ECAT 4.1」では、公衆無線LANに接続しているパソコンのモニタリングに対応したほか、不正プログラムのブロック機能を追加。「RSA Archer Security Operation Management 1.2」では、他社SIEMのログを読み込むことが可能となった。

(Security NEXT - 2015/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス