Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCジャパン、SOC向けソリューションの機能を強化

EMCジャパンは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)向けに提供する「RSA Advanced SOCソリューション」の機能を強化した。

同ソリューションは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)の運用を支援する製品パッケージ。ネットワーク、アプリケーション、エンドポイントなどから集約したデータを分析し、脅威の予兆を検知する。

今回、構成製品の一部機能を強化。ログやパケットからの脅威分析を行う「RSA Security Analytics 10.5」が「Amazon AWS CloudTrai」へ対応し、ログの取得が可能となった。今後は、他クラウドへも対応していくという。

また「RSA ECAT 4.1」では、公衆無線LANに接続しているパソコンのモニタリングに対応したほか、不正プログラムのブロック機能を追加。「RSA Archer Security Operation Management 1.2」では、他社SIEMのログを読み込むことが可能となった。

(Security NEXT - 2015/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度