Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者によるSNS招待を偽装したスパムに注意喚起 - 吉本興業

吉本興業は、同社関係者が送信したと見せかけたスパムメールが大量に配信されているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、8月下旬より同社ドメインのメールアドレスを送信元に見せかけたスパムメールが大量に配信されているもの。SNSサービスなどで見られるフォローの申請メールを偽装し、「フォローのリクエストが届いています。承認しますか?」といった件名で送信されていた。

本文には「友達リクエストを申請します」などとして「承認する」と「辞退する」のボタンを配置。受信者にリンクをクリックさせようとしていた。

不正サイトなどへ誘導されるおそれもあることから、同社では、類似したメールを受信した場合、メール本文のリンクにはアクセスせず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼
セキュリティ製品の警告画面と思いきや単なるウェブコンテンツ - 古典的な詐欺に注意を
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
PWリスト攻撃によるログイン試行を検知 - ディノス・セシール
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知