Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、金融機関向けソリューション「Limosa」に新版

FFRIは、オンラインバンキング向けセキュリティソリューションの新版「FFRI Limosa 1.3」を出荷開始した。

同製品は、金融機関が利用者向けに提供するブラウザの保護ソリューション。データを改ざんし、不正送金などの原因となるマルウェアの「MITB(Man in the Browser」攻撃から利用者を保護する。

従来はWindows場で動作する「Internet Explorer 7」以降に対応していたが、最新版ではFirefoxをサポートした。

(Security NEXT - 2015/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍