Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、金融機関向けソリューション「Limosa」に新版

FFRIは、オンラインバンキング向けセキュリティソリューションの新版「FFRI Limosa 1.3」を出荷開始した。

同製品は、金融機関が利用者向けに提供するブラウザの保護ソリューション。データを改ざんし、不正送金などの原因となるマルウェアの「MITB(Man in the Browser」攻撃から利用者を保護する。

従来はWindows場で動作する「Internet Explorer 7」以降に対応していたが、最新版ではFirefoxをサポートした。

(Security NEXT - 2015/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
脆弱なERP、機密情報流出のおそれ - 「SAP」「Oracle EBS」など標的に
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も