Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内正規サイト経由の攻撃キャンペーンをFireEyeが報告 - Flashゼロデイ脆弱性を悪用

米FireEyeは、日本国内の複数サイトが改ざんされ、Adobe Flash Playerの脆弱性「CVE-2015-5122」を悪用した攻撃に悪用されていると発表した。

20150721_fe_001.jpg
ウェブ改ざんを指摘したFireEye

同社が確認した攻撃キャンペーンにおいて、政府関連の海外招聘事業や国際会議などの関連事業を手がける「国際交流サービス協会(IHCSA)」や国内の化粧品製造会社など、少なくとも2社のウェブサイトが、マルウェアの感染キャンペーンに悪用されていたと指摘したもの。

同社は、7月14日に確認したとしており、攻撃を受けたサイト上では、アクセスしてきたコンピュータの利用環境を調査などを行い、脆弱な端末のみ別のサイトへ誘導、細工した「swfファイル」をダウンロードさせようとするものだと説明。

同ファイルでは、イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamから漏洩したAdobe Flash Playerの脆弱性「CVE-2015-5122」を悪用しており、「SOGU」や「PlugX」の亜種であるリモートアクセスツール(RAT)を感染させようとしていた。

これまでも同ツールを中国のサイバー犯罪グループが利用していることが判明しており、今回の攻撃が中国のAPTグループと攻撃方法が類似していると言及。

また配布されたマルウェアのタイムスタンプから、セキュリティアップデートが提供される以前の7月13日に作成されたと分析。また日本の組織を狙った攻撃であると見られ、マルウェアには、日本国内に本社があるトレンドマイクロの正規ファイルを装うような記載が含まれていたという。

(Security NEXT - 2015/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス