Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドメイン登録管理サービス装うフィッシング攻撃が発生 - JPRSが注意喚起

日本レジストリサービス(JPRS)のドメイン名登録管理サービス「JPDirect」を装うフィッシング攻撃が確認された。JPRSでは誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールでは、「アカウントが長く使われていなかった」などと説明。アカウントが「無効化」や「消去」の対象となっているなどと不安を煽り、偽サイトへ誘導してドメイン名とパスワードを窃取を詐取する。フィッシングメールには、問い合わせ先の電話番号なども記載されているが、実際とは異なる電話番号だった。

同社では、フィッシングサイトで誤ってアカウント情報を送信しないよう注意を喚起するとともに、類似したフィッシング攻撃を見かけた場合は、サポート窓口へ連絡を取るよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発