Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃によりマルウェア感染、情報流出は確認されず - 上田市

長野県上田市は、庁内ネットワークの端末がマルウェアに感染したことを明らかにした。一時インターネットを遮断しており、メールの送受信ができない状況が続いている。

同市によれば、標的型攻撃を受けて同市庁内のネットワークに接続されている端末にマルウェアが感染したもの。6月12日20時前に外部機関より通報を受けて問題が発覚した。二次被害を防止するとして、15日11時半ごろインターネットとの接続を遮断。メールの送受信ができない状況が続いている。

同市では対策本部を設置し、対策と復旧にあたっている。個人情報の外部流出は確認されていないが、情報流出を口実にした詐欺が発生する可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか