Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アンテナがない黒い機器」に注意 - ルータの脆弱性でメーカーが確認呼びかけ

プロバイダへの接続に利用される家庭向けルータの一部に脆弱性が存在し、接続用アカウントやパスワードが漏洩、犯罪に悪用されてしまう被害が発生している。メーカーでは、今一度対象となる製品を危険な状態で利用していないか、確認するようアナウンスを行っている。

問題とされるのは、ロジテック製の「LAN-W300N/R」「LAN-W300N/RS」「LAN-W300N/RU2」の一部。旧ファームウェアに脆弱性が存在し、そのまま利用していると、WAN側からインターネット接続を行う際に利用する「PPPoEアカウント」や「パスワード」を、第三者によって取得されるおそれがある。

問題の脆弱性は、2012年5月に判明。これまで同社はもちろん、JPCERTコーディネーションセンターや日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議(Telecom-ISAC Japan)などが繰り返し注意喚起を行っており、ファームウェアのアップデートを呼びかけている。

ロジテックによれば、これら製品の販売は2013年8月に終了。対策の呼びかけなどにより、「影響を受ける機器は大幅に減少している」と同社は説明。しかし一方で、アップデートせずに利用し、アカウント情報が流出、犯罪へ悪用されるケースも依然発生しているという。

脆弱性が存在するかは、「機種」「シリアルナンバー」から確認でき、古い場合はファームウェアの更新により修正を行うことが可能。

同社では、ウェブサイトを開設し、詳しくないユーザーでも判断できるよう「回線の近くに文庫本サイズの黒い機械がないか」「Logitecのロゴがないか」「アンテナがついてないか」など、対象機種であるか確認する方法をフローチャートなどを利用して詳しく説明。対象となる機種を利用していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
ブラウザ向け拡張機能「Yahoo!ツールバー」、10月31日にサポート終了へ
「Apache HTTP Web Server」のアップデートがリリース - 「同2.2系」は未修正だった4件も対処
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に
「Java SE」の脆弱性31件を解消するアップデート - Oracle
Oracle、同社製品群への定例更新で脆弱性308件を修正
「AssetView for MacOS」の一部サーバ側モジュールに複数脆弱性
「Cisco WebEx」のブラウザ拡張機能に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
MS、脆弱性「Orpheus' Lyre」に7月の月例パッチで対応済み