Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、政府調達のセキュリティ要件策定マニュアルを改訂

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「情報システムに係る政府調達におけるセキュリティ要件策定マニュアル」の改訂版を公開した。

同資料は、情報システムの調達において、調達仕様書を作成する際に過不足なく必要なセキュリティ要件を組み込むためのマニュアル。「情報セキュリティを企画・設計段階から確保するための方策に係る検討会」によって策定され、2011年3月に公開した。

今回、「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」が2014年5月に改定されたことを受け、同マニュアルも内容を改訂。仕様書記載例と対策の提案例を更新するとともに、サプライチェーン・リスク対策および利用者保護を新規に追加した。

(Security NEXT - 2015/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に