Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽「セゾンNetアンサー」に注意 - フィッシングサイトを確認

セゾンカードが会員向けに提供する「セゾンNetアンサー」を装ったフィッシング攻撃が発生している。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20150525_ap_001.jpg

今回確認されたフィッシングメールは、「セゾンNetアンサーご登録確認」といった件名で送信されており、「第三者によるアクセスを確認し、暫定的に登録IDを変更した」などと騙す内容。

フィッシングメールでは、「ご心配をおかけし、誠に申し訳ありません」など謝罪する姿勢を見せたり、IDやパスワードを「10桁以上」、他サイトのIDを使い回さないよう求めるなど、もっともらしい内容を記載。

不安を煽ってユーザーを騙し、本文中のURLへ誘導。偽サイトでクレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコード、ID、パスワード、メールアドレスなどを詐取する。

フィッシング対策協議会では、同サイトの停止を確認しているが、同様の攻撃に注意するよう呼びかけている。同様の文面を用いた攻撃はたびたび発生しており、2015年に入ってからも3月に「セゾンNetアンサー」「OMC Plus」などの利用者を狙ったフィッシング攻撃で確認されている。

(Security NEXT - 2015/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意