Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ストレージクラフト、Linuxサーバ向けバックアップソフトを発売

ストレージクラフトテクノロジーは、Linuxサーバ向けバックアップ用ソフト「StorageCraft ShadowProtect SPX」の日本語版を7月1日より販売開始する。

同製品は、Linuxサーバのバックアップやリカバリ、マネージドシステムの移行などが行えるバックアップ用ソフトウェア。ゲストOSのカーネルレベル内にエージェントをインストールし、バックアップを実施する。

管理コンソールから操作でき、セクターレベルでイメージをバックアップでき、あたらしいハードウェアや仮想マシンなど、同機種だけでなく異なる機種の環境にも復旧できる。完全や増分のバックアップを行うタイミングをカスタマイズできるスケジュールオプションも用意している。価格は12万7008円。

(Security NEXT - 2015/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic