Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ストレージクラフト、Linuxサーバ向けバックアップソフトを発売

ストレージクラフトテクノロジーは、Linuxサーバ向けバックアップ用ソフト「StorageCraft ShadowProtect SPX」の日本語版を7月1日より販売開始する。

同製品は、Linuxサーバのバックアップやリカバリ、マネージドシステムの移行などが行えるバックアップ用ソフトウェア。ゲストOSのカーネルレベル内にエージェントをインストールし、バックアップを実施する。

管理コンソールから操作でき、セクターレベルでイメージをバックアップでき、あたらしいハードウェアや仮想マシンなど、同機種だけでなく異なる機種の環境にも復旧できる。完全や増分のバックアップを行うタイミングをカスタマイズできるスケジュールオプションも用意している。価格は12万7008円。

(Security NEXT - 2015/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
カスペルスキー、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品の新版
NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」
暗号化などセキュリティ面を強化したバックアップソフト - プロトン