Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペと静岡大、小中学校教員向けに無償診断サービス

カスペルスキーと静岡大学は、小中学校教員向けに「情報モラル診断サービス」を共同で開発し、無償で提供を開始した。

児童を対象にインターネットの利用状況やモラル、セキュリティ、法律などに関する質問を行い、現状を可視化できる教員向けのウェブサービス。無償で利用できる。

小学校4年生から中学校3年生までの児童を対象に検定形式で実施でき、80点以上が合格となる。全国対比や分布図などのデータを参照できるという。

2015年度版の無償提供期間は、2016年3月31日まで。利用にあたっては、同サービスの公式サイトより申し込む必要がある。

(Security NEXT - 2015/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン