Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校職員室から個人情報入りPC2台盗難 - 府中市

東京都府中市の市立若松小学校において盗難が発生し、児童の個人情報含むパソコン2台が被害に遭ったことがわかった。

同校によれば、4月7日深夜、何者かが職員室と放送室の窓を割って侵入。パソコン2台などが盗まれた。

持ち去られたパソコンには、過去3年分の指導要録データ829人分が保存されていた。児童の氏名や住所、保護者氏名、入学前の経歴などのほか、学習に関する記録などが含まれる。もう1台のパソコンには、2015年度の新1年生130人分の氏名が保存されていた。ファイルにパスワードなどは設定されていなかった。

これらパソコンの起動には、USBトークンの認証が必要で、キャビネットで施錠管理することになっていたが、盗難発生時はUSBトークンをパソコン本体に差し込んだままだったいう。

同校では警察に被害届を提出するとともに、臨時保護者会を開催。個人情報の不正利用に関する報告は、確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル