Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校職員室から個人情報入りPC2台盗難 - 府中市

東京都府中市の市立若松小学校において盗難が発生し、児童の個人情報含むパソコン2台が被害に遭ったことがわかった。

同校によれば、4月7日深夜、何者かが職員室と放送室の窓を割って侵入。パソコン2台などが盗まれた。

持ち去られたパソコンには、過去3年分の指導要録データ829人分が保存されていた。児童の氏名や住所、保護者氏名、入学前の経歴などのほか、学習に関する記録などが含まれる。もう1台のパソコンには、2015年度の新1年生130人分の氏名が保存されていた。ファイルにパスワードなどは設定されていなかった。

これらパソコンの起動には、USBトークンの認証が必要で、キャビネットで施錠管理することになっていたが、盗難発生時はUSBトークンをパソコン本体に差し込んだままだったいう。

同校では警察に被害届を提出するとともに、臨時保護者会を開催。個人情報の不正利用に関する報告は、確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大