Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な脆弱性に対応した「WordPress 4.2.2」が公開 - 即時更新を推奨

深刻な脆弱性を解消したセキュリティアップデート「WordPress 4.2.2」が公開された。WordPressの開発チームは、早期適用を呼びかけている。

20150507_wp_001.jpg
WordPress 4.2.2 Security and Maintenance Release

今回のアップデートは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」におけるセキュリティ上の問題2件を解決したもの。セキュリティ以外のバグについても対処した。

開発グループでは、4月23日に「同4.2」のリリース後、同月28日にセキュリティアップデート「同4.2.1」を公開したばかりだが、あらたな修正を追加、公開した。以前のバージョンすべてが脆弱性の影響を受けるとしている。

「同4.2.2」では、デフォルトテーマである「Twenty Fifteen」をはじめ、多くのテーマやプラグインで利用されるアイコンフォントパッケージ「Genericons」に発見されたクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性を解消。「同4.2.1」で対応したXSSの脆弱性「CVE-2015-3440」の修正も含まれる。

またビジュアルエディタ利用時における潜在的なXSSの脆弱性に対する堅牢性を強化。さらにセキュリティ上の問題ではないが、メインテナンスとして「同4.2」における13件のバグについても修正したという。

自動更新による提供が開始されているほか、ダッシュボード経由の手動アップデートやダウンロードにより、早急にアップデートを実施するよう、開発チームは推奨している。

(Security NEXT - 2015/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
WordPress向けプラグイン「Smart Forms」にCSRFの脆弱性
「WordPress」向けフォーム作成プラグインにCSRFの脆弱性 - スクリプト挿入のおそれ
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か