Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PowerDNS」に深刻な脆弱性 - リモートよりDoS攻撃を受けるおそれ

オープンソースのDNSサーバ「PowerDNS」に、サービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。開発元や日本レジストリサービス(JPRS)では注意を呼びかけている。

圧縮されたドメイン名のラベルを展開する処理に脆弱性「CVE-2015-1868」が存在するもの。細工されたドメイン名を処理すると意図せず、サーバが終了するおそれがある。

権威DNSサーバ「PowerDNS Authoritative Server」、キャッシュDNSサーバ「PowerDNS Recursor」のいずれも影響を受けるとされており、PowerDNSでは、深刻度を「高」にレーティングしている。

ただし、影響を受ける環境については、デフォルトのシステムスタックサイズが小さい「Red Hat Enterprise Linux 5」「CentOS 5」のみに限定されるとしている。

PowerDNSでは、修正版として「PowerDNS Authoritative Server 3.4.4」「PowerDNS Recursor 3.6.3」「同3.7.2」を公開。緩和策をアナウンスした。JPRSでは、リモートからの攻撃でDNSサーバが停止するため、バージョンアップを強く推奨している。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「PowerDNS Recursor 4.1.9」がリリース - 脆弱性2件を修正
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も