Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PowerDNS」に深刻な脆弱性 - リモートよりDoS攻撃を受けるおそれ

オープンソースのDNSサーバ「PowerDNS」に、サービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。開発元や日本レジストリサービス(JPRS)では注意を呼びかけている。

圧縮されたドメイン名のラベルを展開する処理に脆弱性「CVE-2015-1868」が存在するもの。細工されたドメイン名を処理すると意図せず、サーバが終了するおそれがある。

権威DNSサーバ「PowerDNS Authoritative Server」、キャッシュDNSサーバ「PowerDNS Recursor」のいずれも影響を受けるとされており、PowerDNSでは、深刻度を「高」にレーティングしている。

ただし、影響を受ける環境については、デフォルトのシステムスタックサイズが小さい「Red Hat Enterprise Linux 5」「CentOS 5」のみに限定されるとしている。

PowerDNSでは、修正版として「PowerDNS Authoritative Server 3.4.4」「PowerDNS Recursor 3.6.3」「同3.7.2」を公開。緩和策をアナウンスした。JPRSでは、リモートからの攻撃でDNSサーバが停止するため、バージョンアップを強く推奨している。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
「BIND 9」のセキュリティアップデートが公開 - 「NXNSAttack」などに対応
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
Let's Encrypt、証明書304万件を失効 - バグ原因で
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
12月のDDoS攻撃、前月比約2割減 - IIJまとめ
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化