Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Check PointとFireEye、脅威情報の共有でパートナーシップ締結

イスラエルのCheck Point Software Technologiesと米FireEyeは、脅威情報の共有に関するパートナーシップを締結したと発表した。

今回の協業により、Check Pointの脅威情報配信サービス「ThreatCloud」および対策ソリューションと、FireEyeの脅威対策プラットフォームにおいて、脅威情報をリアルタイムで共有する。

共有する情報は、攻撃に使用されているIPアドレスやドメイン名、ファイルのハッシュ値などで、両社の製品にリアルタイムに反映する。

(Security NEXT - 2015/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec