Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」に深刻な脆弱性 - セキュリティ更新が公開

コンテンツマネージメントシステム(CMS)の「WordPress」に、深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を解消するセキュリティアップデートが公開されており、早急に更新するよう強く推奨されている。

セキュリティアップデートとして最新版となる「同4.1.2」を公開したもの。不特定のユーザーによってスクリプトが実行されるおそれがある深刻なクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性を解消した。

それ以外にも、危険なファイルがアップデート可能である脆弱性や、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなど、3件の脆弱性を修正。またセキュリティ面の強化として4種類の対策を講じたという。

(Security NEXT - 2015/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
WordPress向けプラグイン「Smart Forms」にCSRFの脆弱性