Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」に深刻な脆弱性 - セキュリティ更新が公開

コンテンツマネージメントシステム(CMS)の「WordPress」に、深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を解消するセキュリティアップデートが公開されており、早急に更新するよう強く推奨されている。

セキュリティアップデートとして最新版となる「同4.1.2」を公開したもの。不特定のユーザーによってスクリプトが実行されるおそれがある深刻なクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性を解消した。

それ以外にも、危険なファイルがアップデート可能である脆弱性や、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなど、3件の脆弱性を修正。またセキュリティ面の強化として4種類の対策を講じたという。

(Security NEXT - 2015/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress 5.4.2」がリリース - 複数脆弱性を修正
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚
セキュリティアップデート「WordPress 5.4.1」がリリース
「WordPress」向けメディア管理プラグインに脆弱性
WP向けプラグイン「Contact Form 7 Datepicker」に脆弱性 - 更新予定なく削除を
認証プラットフォームの「WordPress」向けプラグインに5件の脆弱性
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
「WordPress」用決済プラグインに支払バイパスのおそれ