Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカマイ、SOCを活かしたMSSを市場投入

アカマイ・テクノロジーズは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を活用したマネージドセキュリティサービスを提供開始する。

あらたに「Managed Kona Site Defender」および「Kona DDoS Defender」をサービスメニューへ追加したもの。同社では3月に東京にSOCを開設し、国内向けサービスの強化を発表していた。

「Managed Kona Site Defender」では、DDoS攻撃対策とウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を提供。SOCによるフルタイムの監視を行い、緊急インシデント対応を支援。WAFの継続的なチューニングや脅威のレビューといったサービスを提供する。また「Kona DDoS Defender」は、SOCを活かしたDDoS攻撃対策のマネージドサービスとなっている。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断