Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IS同調による改ざん広がる - 狙いはCMS管理の甘さ

国内外問わず過激派組織「ISIS(Islamic State)」を名乗る改ざん被害が確認されている。米連邦捜査局(FBI)は、おもな原因として、脆弱性を解消していない「WordPress」用のプラグインを挙げて注意を促しているが、セキュリティ企業は、ほかにも狙われる部分があると警鐘を鳴らしている。

「ISIS」を名乗る改ざんは、3月初旬に日本国内の複数ウェブサイトで確認され、注目を集めたが、国内外問わず、コンテンツマネージメントシステム(CMS)であるWordPressを利用する企業や報道機関、公共団体のほか、政府機関など、多くのウェブサイトで被害が確認されていることから、米連邦捜査局(FBI)が注意を喚起したもの。

おもな原因は、脆弱性を解消していない「WordPress」用のプラグイン。こうしたウェブサイトに対する攻撃の多くは、業種や企業名などから攻撃対象を絞り込んでいるわけではなく、脆弱性を修正していない旧バージョンのWordPress用プラグインを使用しているサイトが、無差別に狙われていると見られている。攻撃ツールも簡単に入手できる状態だ。

FBIでは、高度な攻撃ではないものの、ビジネスなどへ与える影響は小さくないと危険性を指摘。改ざんを行っているのは、ISISのメンバーではなく、同調した人物であり、ISISの売名行為のために行っていると分析している。

(Security NEXT - 2015/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ