Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、スマホ用無料OTPアプリ - 端末変更時の移行にも対応

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、スマートフォン向けにワンタイムパスワードを管理できる無料アプリ「IIJ SmartKey」の提供を開始した。

同アプリは、「Google」「Microsoftアカウント」「Amazon Web Services(AWS)」など、TOTPに対応したワンタイムパスワードを管理できるソフトウェア。複数のサービスについて一元管理し、アプリ上でワンタイムパスワードを生成できる。

設定情報をエクスポート機能を用意。端末の機種を変更する際、QRコードを表示し、新端末で読み取ることで設定情報を引き継ぐことができる。また不正利用を防ぐため、アプリケーション起動時にTouch IDやパスコードによる認証が要求し、一定回数を失敗すると入力をブロックすることが可能。

iOS版、Android版を用意しており、それぞれApp Store、Google Playより入手できる。公開当初は日本語に対応しており、6月には英語をサポートする予定。

(Security NEXT - 2015/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信
プレゼン会議システムに複数脆弱性 - 一部修正した更新が公開
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に