Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、SDNソリューションにパロアルトとの連携機能

NECは、SDN対応ソリューション「UNIVERGE PFシリーズ」のネットワーク制御機能と、パロアルトネットワークス製品との連携機能を提供開始した。

「サイバー攻撃自動防御ソリューション(次世代ファイアウォール連携)」をラインナップに追加したもの。パロアルトネットワークスのファイアウォールと連携し、不正通信の可能性がある端末を検出することが可能。

不正な通信を検知した場合は、SDNコントローラがネットワーク制御を行い、疑わしい通信の遮断や、端末の隔離を自動的に行うことができ、検知から通信遮断までの初動対応を短縮することが可能だという。

最小構成は、SDNコントローラ1台、SDNスイッチ2台、ファイアウォール1台、SDN連携アダプタ1台で、価格は1100万円から。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス