Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、「SRX5000シリーズ」を機能強化 - 最大1Tbpsのスループット

ジュニパーネットワークスは、セキュリティゲートウェイ「SRX5000シリーズ」に新機能として「Express Path」を提供する。

20150326_jn_001.jpg
記者説明会に登壇した技術統括本部統括本部長の加藤浩明氏

「SRX5000シリーズ」は、ファイアウォールやIPSなどを提供するUTM。攻撃者のデバイスを特定し、グローバルデータベースで管理する「Spotlight Secure」に対応している。

今回あらたに提供を開始する「Express Path」は、同社のI/Oカード(IOCII)向けのソフトウェア。同機能により、最大1Tbpsのスループットを実現。レイテンシーについても低減しており、7マイクロ秒未満に抑えたという。

また仮想ファイアウォール「Firefly Perimeter」の名称を「vSRX」へとあらため、アプリケーションを可視化する「AppSecure 2.0」へ対応し、主要な機能をサポートした。

(Security NEXT - 2015/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ