Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、北米にSOCを開設 - 情報収集やサービスを強化

NRIセキュアテクノロジーズは、米国カリフォルニア州の北米支社内に、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を開設した。

同センターには、情報収集機関として「セキュリティリサーチラボ」を設置。最新のセキュリティ脅威動向の調査や、世界各国のセキュリティ組織との連携による情報収集、米国内のセキュリティ製品パートナーと連携したセキュリティ技術の検証などを進める。

また、北米支社が提供しているマネージドセキュリティサービスを拡充。SOCが企業の情報システムを遠隔スキャンして脆弱性を検出する「クラウド型脆弱性マネジメントサービス」を提供する。そのほか、「セキュリティ機器マネジメントサービス」や「セキュリティログ監視サービス」など既存サービスの強化を行う予定。

同社ではこれらのマネージドセキュリティサービスにより、5年後に世界30カ国で年間100億円の売上げを目指すという。

(Security NEXT - 2015/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ