Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、北米にSOCを開設 - 情報収集やサービスを強化

NRIセキュアテクノロジーズは、米国カリフォルニア州の北米支社内に、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を開設した。

同センターには、情報収集機関として「セキュリティリサーチラボ」を設置。最新のセキュリティ脅威動向の調査や、世界各国のセキュリティ組織との連携による情報収集、米国内のセキュリティ製品パートナーと連携したセキュリティ技術の検証などを進める。

また、北米支社が提供しているマネージドセキュリティサービスを拡充。SOCが企業の情報システムを遠隔スキャンして脆弱性を検出する「クラウド型脆弱性マネジメントサービス」を提供する。そのほか、「セキュリティ機器マネジメントサービス」や「セキュリティログ監視サービス」など既存サービスの強化を行う予定。

同社ではこれらのマネージドセキュリティサービスにより、5年後に世界30カ国で年間100億円の売上げを目指すという。

(Security NEXT - 2015/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も