Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMC、IDやアクセス権限管理を実現するアプライアンス

EMCジャパンは、IDのライフサイクルを管理できるソフトウェアアプライアンス「RSA Identity Management&Governance」を提供開始した。

同製品は、クラウドやアプリケーションなどで利用するIDやアクセス権限を管理するツール。2013年に買収したAveksaの製品をベースとしている。

アクセス権限情報を自動的に収集することができ、部署や役職、業務、権限などの情報を照合。確認依頼を責任者へ自動的に送信する。またアクセス権限のポリシーに適合していない場合にも通知を行い、改善を促すことが可能。

1万2000人ユーザーで基本的な構成により利用した場合の価格は、約4104万円から。同社は、今後2年間に100万人ユーザーへの導入を目標に製品を展開していく。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
Lenovoの「RackSwitch」「BladeCenter」にバックドア - 買収前の2004年から存在
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を