Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護予防事業の委託先が個人情報を紛失 - 練馬区

東京都練馬区は、介護予防事業として実施している「健康長寿若返り教室」の委託先事業者が、参加者の個人情報を紛失したと発表した。

1月27日に同教室の参加予定者20人分の利用申請書について紛失が判明したもの。2014年12月25日、介護予防事業の打ち合わせの際に使用しており、その後の行方がわからないという。

紛失した利用申請書には、介護予防事業の参加者20人の氏名や住所、電話番号、生年月日のほか、家族状況、病歴などの個人情報が記載されていた。

同申請書は、打ち合わせ終了後に委託先事業者が同社内の鍵付きキャビネットに保管することになっていたが、保管したかどうか確認できない状況で、2月5日に区への報告。同区では対象となる参加者に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
介護保険事業所向けメールで誤送信、メアド流出 - 長野市
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
患者情報含む廃棄書類が運搬中に飛散 - 都内病院で
訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
交流会案内メール誤送信でメアド流出 - CBコンサル
顧客情報含む書類が盗難、翌日回収 - ケア21
組織間の配送過程で介護保険関連資料が所在不明に - 大阪市
神戸中央病院の地域支援センターで個人情報入りUSBメモリが所在不明
介護情報サイトへの不正アクセス、調査結果を公表 - メアド中心に流出か