Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

操作内容録画ソフトがスマホ接続の検知に対応 - エンカレッジ

エンカレッジ・テクノロジは、システムの操作内容を保存する監査ツール「ESS REC」の新版を提供開始した。

同製品は、システムの操作内容を動画とテキストで記録するソフトウェア。定期的に操作内容を監査することで、不正操作や操作ミスを早期に発見できる。

最新版となる「同V5.3」では、「メディア転送プロトコル(MTP)」や「画像転送プロトコル(PTP)」でパソコンにUSB接続されたスマートフォンやタブレットなどの端末を検知し、接続した日時やユーザーなどを記録する「モバイルデバイスセンサー」をあらたに搭載。管理者へメールで通知したり、画面ロック、アラート表示なども行える。

価格は約200万円から。遠隔からのシステム操作の記録に特化した「Remote Access Auditor V5.3」の提供も開始している。

(Security NEXT - 2015/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量