Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

弁護士の要請で提供した顧客情報、提供先が紛失 - ミサワホーム東京

ミサワホーム東京は、顧客情報1740件が保存されたUSBメモリを、送付先が紛失していたことを明らかにした。

同社によれば、同社が関わる案件の相手方より弁護士を通じて個人情報の提供が要請されたことを受け、顧客情報を保存したCDを弁護士宛てに送付。弁護士はCDに書き込まれたデータをUSBメモリにコピーして依頼人に送付したが、11月24日に依頼人宅で紛失したという。同月27日に弁護士から同社に報告があり、判明した。

紛失したUSBメモリには、2013年4月から2014年3月までの間、同社で契約または問い合わせを行った顧客1740件の個人情報が記録されていた。そのうち1565件は氏名のみだが、住所88件、電話番号16件、年収100件、建築図面2件なども含まれる。

同社では、紛失事故を受けて、所管する国土交通省や経済産業省に事態を報告した。二次被害は報告されていないという。今後は、弁護士からの要請に基づく情報提供の場合であっても、個人情報の送付は最小限に抑えるなど、再発防止策を今後検討するとしている。

(Security NEXT - 2014/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県