Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

弁護士の要請で提供した顧客情報、提供先が紛失 - ミサワホーム東京

ミサワホーム東京は、顧客情報1740件が保存されたUSBメモリを、送付先が紛失していたことを明らかにした。

同社によれば、同社が関わる案件の相手方より弁護士を通じて個人情報の提供が要請されたことを受け、顧客情報を保存したCDを弁護士宛てに送付。弁護士はCDに書き込まれたデータをUSBメモリにコピーして依頼人に送付したが、11月24日に依頼人宅で紛失したという。同月27日に弁護士から同社に報告があり、判明した。

紛失したUSBメモリには、2013年4月から2014年3月までの間、同社で契約または問い合わせを行った顧客1740件の個人情報が記録されていた。そのうち1565件は氏名のみだが、住所88件、電話番号16件、年収100件、建築図面2件なども含まれる。

同社では、紛失事故を受けて、所管する国土交通省や経済産業省に事態を報告した。二次被害は報告されていないという。今後は、弁護士からの要請に基づく情報提供の場合であっても、個人情報の送付は最小限に抑えるなど、再発防止策を今後検討するとしている。

(Security NEXT - 2014/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県