Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校児童の個人情報が車上荒らしで盗難 - 豊田市

愛知県豊田市は、小学校の教諭が車上荒らしに遭い、児童の個人情報含むUSBメモリや書類が盗まれたことを明らかにした。

12月9日17時50分ごろ、教諭が豊田市立こども園の駐車場で車上荒らしに遭い、窓ガラスが割られて助手席の足元に置いていた鞄が持ち去られたもの。預けていた子供を迎えに行った約10分間に被害が発生したという。

持ち去られた鞄には、担任学級の全児童の成績データを保存したUSBメモリ2本のほか、担任学級のテスト答案、マラソン記録用紙、漢字ノートや計算ノートなどが入っていた。同校では、保護者会を開催し、事情を説明するなど対応を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸