Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むUSBメモリを院内で紛失 - 名古屋大病院

名古屋大学医学部付属病院は、患者83人の氏名や疾患名などを記録したUSBメモリの紛失を明らかにした。

紛失したUSBメモリは、症例検討会のために準備したもので、患者83人の氏名や疾患名、主治医、病室名、入退院日のほか、一部の患者ID番号や年齢、性別が記録されていた。

11月10日午後、USBメモリが執務室の保管場所にないことに職員が気付いた。同日朝には保管場所で確認されているという。対象となる患者には、すでに報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市
患者情報含むUSBメモリを医局で紛失 - 南奈良総合医療センター
顧客情報含むUSBメモリを一時紛失 - セントラル警備保障
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
避難行動要支援者の情報含むUSBメモリを紛失か - 富津市
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク