Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON、オンライン予選「32時間CTF」の参加受付を開始

セキュリティ技術を競う国内最大のCTFイベント「SECCON 2014」では、オンライン予選の参加登録を受付開始した。

同予選は、インターネットを通じて参加でき、12月6日から翌7日にかけて32時間にわたり争われる。国内に限らず、海外からも参加することが可能で、日本語と英語による二カ国語の説明を用意している。

オンライン予選では、1チームあたりの人数に制限はないが、勝ち抜いた際に出場する全国大会では、1チーム4人で参加することになる。

2015年2月に全国大会を予定しており、オンライン予選の上位12チームが出場権を得られる。全国大会に進出したチームに対しては、国内交通費を支援。海外からの参加で最優秀チームに対しては渡航費用を援助する。

これまで地方予選や夏に開催されたオンライン予選によって、すでに12チームの出場が決定しており、今回の予選で24チームが出そろう予定。競技の詳細や参加登録は、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始