Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON、オンライン予選「32時間CTF」の参加受付を開始

セキュリティ技術を競う国内最大のCTFイベント「SECCON 2014」では、オンライン予選の参加登録を受付開始した。

同予選は、インターネットを通じて参加でき、12月6日から翌7日にかけて32時間にわたり争われる。国内に限らず、海外からも参加することが可能で、日本語と英語による二カ国語の説明を用意している。

オンライン予選では、1チームあたりの人数に制限はないが、勝ち抜いた際に出場する全国大会では、1チーム4人で参加することになる。

2015年2月に全国大会を予定しており、オンライン予選の上位12チームが出場権を得られる。全国大会に進出したチームに対しては、国内交通費を支援。海外からの参加で最優秀チームに対しては渡航費用を援助する。

これまで地方予選や夏に開催されたオンライン予選によって、すでに12チームの出場が決定しており、今回の予選で24チームが出そろう予定。競技の詳細や参加登録は、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催