Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCS職員のなりすましが発生 - オークション出品者に偽警告

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、同協会職員のなりすましが報告されているとして、注意喚起を行った。

同協会によれば、インターネットオークションの出品者から、同協会調査部の「佐々木」を名乗る人物から、出品物が海賊版であるなどと警告されたといった問い合わせが複数寄せられているという。

同協会に調査部はなく、該当する職員もいないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
政府、「サイバーセキュリティ2016案」のパブコメ募集を開始
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙