Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、11月の定例パッチは16件 - 深刻度「緊急」5件含む

MSは、月例セキュリティ更新プログラム16件を11月12日に公開する予定だ。現在、「Microsoft OLE」に対するゼロデイ攻撃が確認されており、今回の更新で修正されるか、注目される。

今回提供されるプログラム16件のうち、最大深刻度が4段階中で最も高い「緊急」にレーティングされているのは5件。「Windows」と「Internet Explorer」の脆弱性に対処するもので、そのうち4件はリモートからのコード実行、1件は特権の昇格に悪用されるおそれがある。

深刻度が2番目に高い「重要」は9件で、「Windows」や「Office」「.NET Framework」のほか、「SharePoint Server」「Exchange Server」などサーバソフトウェアの脆弱性を修正する見込み。のこる2件は「警告」レベルで、「Windows」「Office」の脆弱性に対処する。

現状、「Microsoft OLE」に存在する脆弱性「CVE-2014-6352」を狙ったゼロデイ攻撃が確認されており、同社は10月にセキュリティアドバイザリを公開。緩和策として「Fix it」の提供を開始している。同アドバイザリで更新プログラムの準備を進めていることを明らかにしているが、今回の定例アップデートで対応されるか注目される。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで