Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」の脆弱性攻撃が発生中 - アップデートした場合も注意を

10月にコンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、Drupal Japanは、脆弱性の影響が大きいことから、再度注意喚起を行った。

問題の脆弱性は、データベースの操作が可能となる「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2014-3704」で、「同7.31」や以前のバージョンが影響を受ける。すでに脆弱性を解消した「同7.32」の提供が開始されている。

Drupal Japanは、アップデートのリリースから数時間後より攻撃がはじまっており、スパムの踏み台にされたといった被害報告が寄せられているとし、「これまでにない危険なもの」と影響の大きさを説明。修正版へアップデートを実施した場合も、アップデート以前に侵入されている可能性もあるとして警鐘を鳴らしている。

また試用のためにインストールし、そのまま放置されているケースなども多数存在している可能性があり、サイト運営者やホスティングサービスの事業者に対して脆弱性の周知や適切な対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
PHPにヒープバッファーフローなど複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Joomla」のファイル添付機能拡張に脆弱性 - コード実行のおそれ