Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JP-Secure、WordPress用無料プラグインを公開 - 不正ログイン対策など提供

ジェイピー・セキュアは、オープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」向けに、「SiteGuard WP Plugin」の無償提供を開始した。

20141027_js_001.jpg
無料で利用できる「SiteGuard WP Plugin」

同プログラムは、セキュリティ機能を提供する無料のWordPress用プラグイン。日本語に対応しており、導入後はダッシュボードから操作できる。

特定のIPアドレスのみ管理ページへアクセスを許可することが可能。ログインページの変更やCAPTCHAによる画像認証、ログインロック機能など、不正ログイン対策機能を提供するほか、コメントスパム対策機能を搭載している。

また同社が提供するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)「SiteGuard Lite」との連携に対応。同製品を導入している環境では、WAFの検出ルールをチューニングすることができる。

(Security NEXT - 2014/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
9件の脆弱性に対処した「Joomla 3.8.8」がリリース - バグ50件も修正
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
フォトブログ「Pixelpost」に複数脆弱性 - すでに開発は終了、利用中止を
WordPress用レビュープラグインにXSSの脆弱性
「WordPress」向けニュースレタープラグインに脆弱性
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から