Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人のネットバンク被害が拡大 - 地銀被害が主要行を上回る

法人においてインターネット不正払い戻しの被害が拡大している。特に地方銀行や信用金庫などで大きな増加率を記録している。

金融庁によれば、2014年第2四半期に発生した被害件数は55件。被害額は3億900万円にのぼる。前四半期の43件を約2割上回り、金額も1億6200万円から大きく増加。1件あたりの被害額も377万円から562万円へと拡大している。

主要行における被害は、24件から18件へとやや縮小したが、被害額から見ると、3000万円から8100万円へと2倍以上に被害が広がった。

さらに大きな動きが見られたのが、地方銀行と信用金庫。地銀は、被害件数が前四半期の12件から24件へと倍増。被害額も7900万円から1億1200万円と大台を突破し、件数、被害額いずれの面からも主要行を上回る結果となった。

信金では、前四半期では1件200万円の被害のみだったが、10件の被害が発生し、被害額も6500万円へと拡大しており、今後注意が必要だ。第2地銀に関しては、6件から3件へと微減。金額も5000万円から4900万円と大きな変化は見られなかった。

(Security NEXT - 2014/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に