Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月以降、国内でランサムウェアが増加傾向

ファイルを人質に取り、金銭を要求するランサムウェアの検知率が、国内で上昇している。日本特有の状況で注意が必要だ。

20141010_ci_002.jpg
感染状況の世界地図。検出率が高い地域は赤で示され、日本だけが赤く染まっている(図:ESET)

日本国内における「Win32/Filecoderファミリー」の検知率が、9月以降上昇傾向にあることがESETの統計により判明したもの。同ファミリーには、他ベンダーにおける「CryptoLocker」や「Crowt」のほか、ランサム型のトロイの木馬などが含まれる。

20141010_ci_001.jpg
日本国内の感染動向(グラフ:ESET)

同マルウェアにおける検出率の動向を見ると、日本国内では6月に2.3%へと一時上昇。その後目立った活動は見られなかったが、再び9月に2.6%、10月は3.1%へと増加傾向を見せている。ワールドワイドでは、5月後半にピークを迎えたものの、その際の検出率も1%弱にとどまっており、国内外で異なる傾向を見せている。

国内でESET製品を扱うキヤノンITソリューションズでは、感染経路としてインターネット経由でダウンロードされるだけでなく、メールに添付されている事例が多いと指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ