Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マドリッドのカフェで個人情報入りHDDが置き引き被害 - 大阪市立大

大阪市立大学の教員が、出張先のスペインで鞄の盗難に遭い、学生のべ277人分の個人情報を保存したハードディスクを盗まれたことがわかった。

盗難が発生したのは、工学研究科の講師が立ち寄ったマドリードのカフェ。現地時間の9月20日22時30分ごろに入り、15分ほど経ったところで足元へ置いていた鞄がなくなっていることに気付いたという。現地警察への届出を行ったが見つかっていない。

鞄にはノートPCやハードディスク、カメラ、パスポートなどが入っていたが、そのうちハードディスクには、同教員が2013年から2014年に担当した8講義を受講した学生のべ277人の氏名や学籍番号、成績、レポート提出状況などを含むエクセルファイルが保存されていた。また、過去4年間に送受信したメールも含む。エクセルファイルには、パスワードが設定されているという。

同大学では、9月30日に同教員より個人情報の紛失について報告を受けた。対象となる学生や関係者には、説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2014/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
廃棄伝票が運搬中に落下、一部未回収の可能性 - パロマ