Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検診受診者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 厚木市の民間病院

神奈川県厚木市の森の里病院において、同市の検診を受診した患者の個人情報を含むUSBメモリが所在不明になっている。

所在不明となっているUSBメモリは、同院と委託検査会社との間で検査結果の受け渡しを行うために使っていたもので、9月8日に紛失が判明した。厚木市の検診を受けた患者の氏名やID番号、検査データなどが保存されていたという。

紛失したUSBメモリには、暗号化やパスワードといったセキュリティ対策を講じていなかった。検査データについては、数値のみで検査項目は記載されていないという。同院では、対象となる受診者に報告と謝罪の書面を送付。問い合わせ窓口を設置するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2014/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府