Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NASからのファイル複製を防止する「SECUDRIVE NAS 2.0」

クオーレは、ネットワークストレージ上に保存したファイルのコピーなどを防止するソフトウェア「SECUDRIVE NAS 2.0」を9月より発売開始する。

同製品は、ネットワークストレージ向けにファイルのコピー防止機能と監査機能を提供するソフトウェア。韓ブレインズスクエアが開発し、同社が日本総代理店として提供する。

Windows Storage ServerとLinuxに対応しており、インストールしたネットワークストレージサーバ上のファイルをパソコンや外部メディアに保存できないように設定できるほか、アクセス可能なアプリケーションや画面キャプチャ、印刷などを制御できる。

また監査機能として、ネットワークストレージ上の共有ファイルにアクセスしたユーザーごとの操作ログを取得できる。

(Security NEXT - 2014/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定