Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NASからのファイル複製を防止する「SECUDRIVE NAS 2.0」

クオーレは、ネットワークストレージ上に保存したファイルのコピーなどを防止するソフトウェア「SECUDRIVE NAS 2.0」を9月より発売開始する。

同製品は、ネットワークストレージ向けにファイルのコピー防止機能と監査機能を提供するソフトウェア。韓ブレインズスクエアが開発し、同社が日本総代理店として提供する。

Windows Storage ServerとLinuxに対応しており、インストールしたネットワークストレージサーバ上のファイルをパソコンや外部メディアに保存できないように設定できるほか、アクセス可能なアプリケーションや画面キャプチャ、印刷などを制御できる。

また監査機能として、ネットワークストレージ上の共有ファイルにアクセスしたユーザーごとの操作ログを取得できる。

(Security NEXT - 2014/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増