Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 脆弱性チェック機能を追加

トレンドマイクロは、脆弱性対策機能などを強化したコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」の新版をリリースした。同社オンラインストアで先行販売し、店頭やダウンロード販売は9月5日より開始する。

20140903_tm_001.jpg

同製品は、マルウェアや迷惑メールへの対策機能をはじめ、URLフィルタリング、情報漏洩対策など備えたコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。

最新版では、パソコンにインストールされているソフトウェアのバージョンをチェックし、最新版でない場合、修正プログラムの適用を促す「脆弱性チェック機能」を追加した。

「Adobe Reader」「Java」などのバージョンをチェックするほか、「Wndows」や「Adobe Flash Player」における自動更新機能の状態、Windowsのファイアウォール設定を確認、オンに変更できる。また「Internet Explorer」やユーザーアカウント制御のセキュリティレベルもチェックし、対策レベルが低い場合は推奨レベルに変更する。

オンラインバンキングの利用者を狙ったマルウェア攻撃への対策として、「パスワードマネージャー 無料版」を同梱。金融機関のサイトにアクセスすると、「パスワードマネージャー」のマルウェアから保護されたブラウザを起動し、ウイルスバスターのコードインジェクション対策機能と連動することが可能。「パスワードマネージャー有料版」との連携にも対応している。

さらに「Internet Explorer」「Chrome」「Firefox」といったブラウザのプライバシー設定を確認し、推奨設定を提示する機能も追加した。またMac版に関しては、OS X Yosemiteにも対応する予定。

パッケージ版の価格は、1年版で6160円。3年版で1万3170円。ダウンロード版が1年版5130円。2年版9240円。3年版1万2140円。「ウイルスバスター クラウド+保険&デジタルライフサポート」も引き続きラインナップに用意している。

同社では、今後1年間に同シリーズで1500万ユーザーの獲得を目指し、製品を展開していく。

(Security NEXT - 2014/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS