Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EmEditor」の更新機能でマルウェア感染のおそれ - 特定IP狙われる

エムソフト提供するテキストエディタ「EmEditor」の更新機能で、不正なファイルが配布されていたことがわかった。外部より悪意あるファイルを設置されたのが原因だという。

同社によれば、8月19日3時半ごろに、同ソフトの公式サイト上に不正なファイルが設置されていることが判明したもの。バックアップの状況から、18日22時半以降に設置されたと見られている。

サーバの設定を変更する「.htaccess」も設置されており、特定のIPアドレスから同ソフトの更新チェック機能を利用すると、本来用意された正規のファイルではなく、攻撃者がサーバ上へアップロードした不正ファイルがインストールされる状況だった。

問題のファイルはすでに削除しており、具体的な影響などはわからない状況で、マルウェアの可能性もある。対象となるIPアドレスは11035件で、同社では対象となるIPアドレスの範囲などを公開。心当たりがあるユーザーに対し、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

同社では、今回のサイト改ざんが行われる以前の同月13日にも、日本語と簡体字中国語の公式サイトが改ざんされる被害が発生していた。

悪意あるコードが見つかったほか、日本語サイトではフォーラム利用者のユーザー名、パスワード、IPアドレスが盗まれた可能性があるという。これを受け同社では、パスワードを強制的にリセットし、パスワード変更を案内するメールを送信したばかりだった。

(Security NEXT - 2014/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート