Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年上半期のスパム、前年同期から60%増加 - マルウェア感染目的が背景に

2014年上半期におけるスパム送信数が、前年同期と比較して60%増となったことがわかった。スパムが不正プログラム拡散に利用されていることが原因のひとつだという。

トレンドマイクロが明らかにしたもので、同社によると、2014年上半期のスパムメール数は前年同期と比較して60%増となった。

別名「Conficker」としても知られる古参マルウェア「DOWNAD」の感染拡大や、「MYTOB」などスパム送信機能を備えた不正プログラム拡散が拡散した。

またオンラインバンキング利用者を狙い「Zeus」として知られる「ZBOT」や、同マルウェアをダウンロードする「UPATRE」が、感染拡大にスパムを利用していることなどがも、スパム増加の背景にあると同社は分析している。

同社のハニーポットが収集した情報によると、スパムに関連する不正プログラムは22%増加。「UPATRE」が全体の33.9%を占めて最多となり、「TSPY_ZBOT(8.7%)」「BKDR_KULUOZ(7.7%)」が続いた。「UPATRE」が突出しているが、同四半期後半に向けて減少傾向にあったという。

スパムを種類別に見ると、不正プログラムに誘導するものが20%で最も多く、次いで健康関連(16%)、ビジネス関連、株式関連(各11%)と続く。また言語別では、英語が82.8%で圧倒的多数を占めた。英語以外の言語ではドイツ語が4%で最多。次に多かったのは日本語で3.2%だった。

(Security NEXT - 2014/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇