Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年のフィッシング報告件数は1万5000件超 - 前年比17倍と急伸

フィッシング対策協議会は、2013年度におけるフィッシングの被害状況や攻撃手法の傾向などを取りまとめたレポートを公開した。

レポートによれば、2013年度のフィッシング報告件数は1万5171件。2012年度の828件と比較すると、17倍以上の急増となった。

7月以降にオンラインゲーム関連のフィッシングが多数報告されたこと、また11月以降にはさらに金融機関を対象としたフィッシングの報告が増加したことが、おもな原因だった。

一方、フィッシングに用いられたサイトのURL件数は2522件と、前年度の2286件を236件上回ったものの、大きな変化は見られなかった。

またブランド名を悪用された企業数は、前年度の117件から136件に増加。報告件数の伸び率と比較すると緩やかで、被害に遭うブランドの固定化が進んでいる。

(Security NEXT - 2014/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割