Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年のフィッシング報告件数は1万5000件超 - 前年比17倍と急伸

フィッシング対策協議会は、2013年度におけるフィッシングの被害状況や攻撃手法の傾向などを取りまとめたレポートを公開した。

レポートによれば、2013年度のフィッシング報告件数は1万5171件。2012年度の828件と比較すると、17倍以上の急増となった。

7月以降にオンラインゲーム関連のフィッシングが多数報告されたこと、また11月以降にはさらに金融機関を対象としたフィッシングの報告が増加したことが、おもな原因だった。

一方、フィッシングに用いられたサイトのURL件数は2522件と、前年度の2286件を236件上回ったものの、大きな変化は見られなかった。

またブランド名を悪用された企業数は、前年度の117件から136件に増加。報告件数の伸び率と比較すると緩やかで、被害に遭うブランドの固定化が進んでいる。

(Security NEXT - 2014/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も