Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCがウイルス感染、顧客や報道関係者の個人情報が流出か - 共同通信PRワイヤー

プレスリリースの配信サービスを提供している共同通信PRワイヤーは、営業用のパソコン1台がウイルスに感染し、内部に保存していた個人情報が流出した可能性のあることを明らかにした。

6月9日に外部からの指摘を受け、調査を行った結果判明したもの。感染したパソコンには、顧客や販売委託会社担当者、登録している報道関係者のメールアドレスなど個人情報が保存されており、外部に一部が流出した可能性があるという。

感染を確認したパソコンは1台のみで、社内ネットワークへの感染拡大は発生していないと説明。感染の原因や影響については、現在調査中としている。

同社では、顧客や関係者に不正なメールや添付ファイルが送られる可能性もあるとして、ファイルを開封したり記載のURLにアクセスしたりしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ノロウイルス食中毒警報メールで誤送信 - 神戸市
セキュリティソフトの利用者情報が別人から閲覧可能に
日本年金機構の個人情報漏洩問題、真相究明後に処分検討 - 厚労相
個人情報や検診結果含むがん検診受診票が所在不明 - 枚方市
サイト上で顧客情報を誤表示、他人クレカで決済も - ソースネクスト
情報流出の可能性「きわめて低い」 - 共同通信PRワイヤーが報告
「もんじゅ」のPCにウイルス、情報漏洩の可能性 - 核防護関連は含まれず
サイトに不正アクセス、顧客情報漏洩やウイルス感染のおそれ - アルインコ
元契約社員のPCからファイル共有ソフト経由で顧客情報流出 - NTT西
中日新聞の女性向けサイト「オピ・リーナ」に不正アクセス - 投稿者の個人情報流出