Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【未修正】ZDI、IE 8のゼロデイ脆弱性を公表 - 報告から180日経過後も修正されず

Zero Day Initiative(ZDI)は、「Internet Explorer 8」の「CMarkupオブジェクト」に、未修正の脆弱性「CVE-2014-1770」が含まれていることを公表した。

「CVE-2014-1770」は、解放済みメモリの処理に起因するいわゆる「use-after-free」の脆弱性。細工されたウェブページを表示したり、不正なファイルを開くことで脆弱性が悪用されると、任意のコードを実行されるおそれがある。

「IE 8」に存在するが、脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムは提供されていない。ZDIは、今回の脆弱性について、2013年10月11日にMicrosoftへ報告。180日経過後も対応は進んでおらず、同組織のポリシーに従い、同社へ公開することを通知した上で踏み切ったという。

今回の公表を受け、セキュリティ機関でも注意喚起を開始している。最新版である「IE 11」へのアップデート、脆弱性緩和ツール「EMET」の活用、インターネットセキュリティゾーンの設定による「ActiveX」「Active Script」の無効化など、緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃