Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【未修正】ZDI、IE 8のゼロデイ脆弱性を公表 - 報告から180日経過後も修正されず

Zero Day Initiative(ZDI)は、「Internet Explorer 8」の「CMarkupオブジェクト」に、未修正の脆弱性「CVE-2014-1770」が含まれていることを公表した。

「CVE-2014-1770」は、解放済みメモリの処理に起因するいわゆる「use-after-free」の脆弱性。細工されたウェブページを表示したり、不正なファイルを開くことで脆弱性が悪用されると、任意のコードを実行されるおそれがある。

「IE 8」に存在するが、脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムは提供されていない。ZDIは、今回の脆弱性について、2013年10月11日にMicrosoftへ報告。180日経過後も対応は進んでおらず、同組織のポリシーに従い、同社へ公開することを通知した上で踏み切ったという。

今回の公表を受け、セキュリティ機関でも注意喚起を開始している。最新版である「IE 11」へのアップデート、脆弱性緩和ツール「EMET」の活用、インターネットセキュリティゾーンの設定による「ActiveX」「Active Script」の無効化など、緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を