Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、ヒューリスティック検知を備えたメールセキュリティ製品

キヤノンITソリューションズは、スロバキアのESETが開発する法人向けメールセキュリティソリューション「ESET Mail Security for Linux V4.0」を、5月28日より販売開始する。

ESET Mail Security for Linux 構成例
システム構成例(図:キヤノンITS)

同製品は、スパムやマルウェアを含むメールなどを検出するソフトウェア。エンドポイント製品と同様にヒューリスティックエンジンを搭載。ThreatSenseテクノロジーの6種類の検査方法により新種や亜種のマルウェアへ対応する。

また迷惑メールに対しては、複数の判定テクノロジーによりメールを検査し、スコア付けにより検知することが可能。マルウェア検知、スパム検知のいずれも、ドメインやアドレスごとにポリシーを作成できる。

対応プロトコルは、「SMTP」「POP3」「IMAP」。「Red Hat Enterprise Linux」や「SUSE Linux Enterprise」に対応しており、仮想環境でも対応。ESETの管理ツール「ESET Remote Administrator」と連携し、情報収集や設定情報の配布などの一元管理できる。

(Security NEXT - 2014/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン