Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、ヒューリスティック検知を備えたメールセキュリティ製品

キヤノンITソリューションズは、スロバキアのESETが開発する法人向けメールセキュリティソリューション「ESET Mail Security for Linux V4.0」を、5月28日より販売開始する。

ESET Mail Security for Linux 構成例
システム構成例(図:キヤノンITS)

同製品は、スパムやマルウェアを含むメールなどを検出するソフトウェア。エンドポイント製品と同様にヒューリスティックエンジンを搭載。ThreatSenseテクノロジーの6種類の検査方法により新種や亜種のマルウェアへ対応する。

また迷惑メールに対しては、複数の判定テクノロジーによりメールを検査し、スコア付けにより検知することが可能。マルウェア検知、スパム検知のいずれも、ドメインやアドレスごとにポリシーを作成できる。

対応プロトコルは、「SMTP」「POP3」「IMAP」。「Red Hat Enterprise Linux」や「SUSE Linux Enterprise」に対応しており、仮想環境でも対応。ESETの管理ツール「ESET Remote Administrator」と連携し、情報収集や設定情報の配布などの一元管理できる。

(Security NEXT - 2014/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ