Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開催直前、W杯に便乗するサイバー攻撃に注意を

トレンドマイクロは、まもなく開催される「2014 FIFAワールドカップ」に便乗するサイバー攻撃への注意を呼びかけている。検索エンジン経由でマルウェア感染ページへ誘導したり、個人情報を騙し取るフィッシング攻撃が発生している。

同社では、5月に入ってからサッカーファンを狙ったと不審ファイルを確認。ワールドカップに関連したファイル名が付けられているが、同社が調べたところ、ファイルの実態はリモートアクセスツール「nJRAT」で生成されたバックドア「BKDR_BLADABIN.AB」だった。誤って開いて感染するとパソコンがインターネット経由で遠隔操作されるおそれがある、

またエレクトロニック・アーツ製サッカーゲームのライセンスコードを作成できるなどと騙すアドウェア「ADW_INSTALLREX」も、検索エンジン上で拡散しているという。

さらに、個人情報やクレジットカード情報を騙し取るフィッシングサイトも同社では複数確認しているという。

これまでも時事的な話題に便乗するソーシャルエンジニアリングは繰り返し発生しており、利用者側ではつねに警戒する姿勢が大切であるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応