Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USEN、MDMソリューション「モバイルマネージャー」を提供

USENは、法人向けモバイルデバイス管理ソリューション「モバイルマネージャー」を提供開始した。

20140421_us_001.jpg

同ソリューションは、スマートデバイスを一元管理するSaaS型のMDMサービス。「iOS」「Android」「Windows 8」などを搭載した端末に対応しており、セキュリティ管理や端末管理など基本機能のほか、各OSごとに独自機能も搭載している。

遠隔操作によるロック、データ削除、初期化などに対応するほか、カメラやWi-Fiなど端末の機能やホワイトリストによるアプリの制限、社内アプリの一括配信、端末のパスコード設定状況やアプリのインストール状況の遠隔監視といった機能を提供する。

料金は、初期費用が3万2400円。月額料金は端末1台あたり324円。申し込みは5台からで、最低利用期間は1年。5月30日までに申し込むと、初期費用が無料になるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2014/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
Apple、最新OS「iOS 11.4」をリリース - 修正内容は近く公開予定
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース
「iOS 11.3.1」でUI偽装など脆弱性4件を修正 - Apple
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
Apple、「iOS 11.3」をリリース - 脆弱性43件を修正
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず