Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスター モバイル」がiOSに対応 - 不正サイトや不正アプリ対策を搭載

logotm.jpg

トレンドマイクロは、あらたにiOSに対応した「ウイルスバスター モバイル」最新版を、4月17日より発売する。

同製品は、スマートフォンやタブレット端末などモバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフト。最新版では従来のAndroidやKindle Fireシリーズにくわえて、iPhoneなどAppleの端末が採用している「iOS」をサポートした。iOS 7.0以降に対応する。

iOS向けには、独自ブラウザによる不正サイト対策のほか、インストールされているアプリや実行中のアプリに不正なものがないか調べる「不正アプリ対策」を搭載。

また「Jailbreak」の検知、独自の「紛失、盗難対策」「連絡先情報」のバックアップ機能、Facebookの適切な設定アドバイスといった機能を提供する。

またAndroid向けの機能として、アンインストールだけでは削除できない管理者権限を取得する不正アプリを駆除する「不正アプリクリーナー」を追加した。

価格は、1OSあたりダウンロード版の1年版が3065円。2年版が5637円。パッケージ版はいずれもオープン価格。

(Security NEXT - 2014/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除
VMwareのiOS向けアプリ「AirWatch Agent」などに脆弱性