Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスター モバイル」がiOSに対応 - 不正サイトや不正アプリ対策を搭載

logotm.jpg

トレンドマイクロは、あらたにiOSに対応した「ウイルスバスター モバイル」最新版を、4月17日より発売する。

同製品は、スマートフォンやタブレット端末などモバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフト。最新版では従来のAndroidやKindle Fireシリーズにくわえて、iPhoneなどAppleの端末が採用している「iOS」をサポートした。iOS 7.0以降に対応する。

iOS向けには、独自ブラウザによる不正サイト対策のほか、インストールされているアプリや実行中のアプリに不正なものがないか調べる「不正アプリ対策」を搭載。

また「Jailbreak」の検知、独自の「紛失、盗難対策」「連絡先情報」のバックアップ機能、Facebookの適切な設定アドバイスといった機能を提供する。

またAndroid向けの機能として、アンインストールだけでは削除できない管理者権限を取得する不正アプリを駆除する「不正アプリクリーナー」を追加した。

価格は、1OSあたりダウンロード版の1年版が3065円。2年版が5637円。パッケージ版はいずれもオープン価格。

(Security NEXT - 2014/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
「IOS XE」のAAAサービスにRCEの脆弱性 - アップデートで対応
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
Apple、最新OS「iOS 11.4」をリリース - 修正内容は近く公開予定
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響